~幸せの住処から~

はかなきはな

f0218508_1028276.jpg


【朝露に咲きすさびたる月草の日くたつなへに消ぬべく思ほゆ】 万葉集

(朝露をうけて咲いていた月草が、日が暮れるにつれてしぼんでゆくように、あなたを待っている私の心も消え入りそうになります。)

どこにでも咲いているとても身近な花『露草』

別名 『月草』 万葉集では儚さの象徴としてよまれている。 

広島ブログ
にほんブログ村 写真ブログへ

[PR]
by shirohigekuroyagi | 2010-07-15 10:45